読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

X2サーバーに XOOPS をインストールする方法|エックスツー

X2サーバーでは初めての方でも XOOPS がすぐに構築できます。

これは“ワンクリックインストール”と呼ばれるX2サーバーの独自機能を活用すると可能です。

ここでは、X2サーバーに XOOPS を自動インストールする方法とサイト表示のチェックについて解説します。

f:id:okinawapunk:20160422183320j:plain

※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.ワンクリックインストールを使用する

最初にワンクリックインストール画面にアクセスして" XOOPS Cube "の「インストール設定」をクリックしましょう。(※ 下図の画面にアクセスする方法が分からない方は、ワンクリックインストール画面へのアクセス方法をお読みください)

f:id:okinawapunk:20160422182849p:plain

2.XOOPS をインストールする

すると XOOPS のインストール画面が表示されます。

f:id:okinawapunk:20160422182850p:plain

ここでは例として、サイトURLをシンプルなドメイン名にするため「インストールURL」を空白にします。

f:id:okinawapunk:20160422182851p:plain

データベースは、「自動でデータベースを生成する」を選択します。メールアドレスとパスワードは、インストール後の管理画面のログイン情報となります。

設定が全て完了したら「インストールする(確認)」をクリックしましょう。

 次の確認画面が表示されるので、内容を念のためチェックして「インストールする(確定)」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160422182852p:plain

「index.html」削除のメッセージについて
赤文字で「index.html が削除されます」と表示されます。初めてインストールする場合は問題ありませんが、またサブドメインを利用する場合、誤って別のドメインを使用すると既存の index.html ファイルが削除されてしまうので、ドメイン名の間違えがないか確認しましょう。

インストールが完了すると次の画面が表示されます。これで完了です。

f:id:okinawapunk:20160422182853p:plain

続いて「ログインフォーム」のURLをクリックして、ログイン画面にアクセスしましょう。サイトが問題なく表示されるかの確認をします。

3.サイトを確認する

下図の画面にアクセスしたら先ほど表示されたログイン情報(管理者ID、パスワード)を入力し、「ログイン」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160422182854p:plain

次の画面が表示されたら「インストール」をクリックします。Status(状態)が必須のものはそのまま、「導入推奨」はチェックを入れましょう。

f:id:okinawapunk:20160422182855p:plain

しばらくすると、次のようにサイトが表示されます。

f:id:okinawapunk:20160422182856p:plain

以上で XOOPS のワンクリックインストールは完了です。