読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

X2サーバーの phpmyadmin にログインする方法|エックスツー

エックスツーのサーバー管理画面から「phpmyadmin」にログインするのは簡単です。

ただログイン情報を忘れてしまった方のため、ここではログイン情報の取得方法からご紹介していきます。

例として WordPress サイトを導入した際の phpmyadmin へのログイン方法を解説します。

f:id:okinawapunk:20160506163929j:plain

※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.ログイン情報(ユーザ名とパスワード)を取得する

WordPress には「wp-config.php」というデータベースに接続するための情報が記載されたファイルがあります。このファイルからログイン情報が取得できます。

FTPソフトでサーバーにアクセスする場合
ここではX2サーバーのWebFTPツールを使用します。もしFTPソフトを使ってサーバーにアクセスしたい方は『FTPソフトの設定方法』をご確認ください。

まずサーバー管理ツールにログインして、「FTPアカウント設定」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506163014p:plain

次に対象のドメインを選択します。

f:id:okinawapunk:20160506163015p:plain

次の画面にアクセスしたら「ログイン」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160506163016p:plain

すると下図のファイルマネージャーが表示されます。WordPress を「wp」フォルダにインストールした場合、このフォルダをクリックします。(WordPress がドメイン直下にインストールしている場合、「wp-config.php」ファイルはこの階層で確認できます)

f:id:okinawapunk:20160506163017p:plain

下図のように「wp-config.php」ファイルがあるので、アイコンをクリックしてバックアップ用にファイルをダウンロードしておきましょう。

f:id:okinawapunk:20160506163018p:plain

次にファイル内容を編集するため、下図のアイコンをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506163020p:plain

ポップアップが表示されるので「OK」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506163021p:plain

すると次のような編集画面が表示されます。ユーザー名とパスワードをメモ帳などにメモしておきましょう。

f:id:okinawapunk:20160506163019p:plain

2.データベースにログインする

サーバー管理ツールに戻って「phpmyadmin」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160506163023p:plain

するとログイン画面が表示されるので、メモしたユーザー名とパスワードを入力しましょう。

f:id:okinawapunk:20160506163024p:plain

下図のように phpmyadmin 画面にアクセスできたら成功です。

f:id:okinawapunk:20160506163022p:plain

以上が phpmyadmin 画面にログインする方法です。