読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

X2サーバーで共有SSLを設定する方法|エックスツー

サイト上でユーザーの個人情報を扱う場合、"SSL"という、PCとサーバー間の通信データを暗号化する技術を使うとセキュリティの向上が可能です。

幸いにもレンタルサーバーX2では無料で SSL が使用できます。

ここでは、X2サーバーの共有SSLの設定方法をご紹介します。

f:id:okinawapunk:20160509161826j:plain

Ec-Cubeでショッピンサイトを作る方へ
Ec-Cubeを使ってショッピングサイトを作る際、ここで紹介する共有SSLは使用できません。X2サーバーの有料SSLに申し込む必要があります。
※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

エックスツーサーバーでは無料と有料のSSLが提供されています。それぞれ次のような違いがあります。

  • 無料のSSL:URLはレンタルサーバーで発行した固定のものになる。ただし無料。(これを共有SSLと呼ぶ)
  • 有料のSSL:URLは自分で指定したものが使用できる。ただし有料。(これを独自SSLと呼ぶ)

以上の基礎知識をふまえた上で、ここでは無料のSSLの設定方法を解説します。

1.共有SSLの設定方法

まずサーバー管理ツール画面にログインして、「SSL設定」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160509161448p:plain

次に「共有SSL追加」タブをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160509161449p:plain

SSLを指定したいドメインを選び、「確認画面」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160509161450p:plain

確認が完了すると、下図の画面が表示されます。「URL」に記載されたアドレスがSSLのアドレスとなります。

f:id:okinawapunk:20160509161451p:plain

以上が共有SSLの設定方法となります。