読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

X2サーバーでデータベースを手動で作成する方法|エックスツー

データベースを手動で設定することで、ブログサイトなどのシステムを手動インストールすることもできます。

ここでは、X2サーバーでデータベースを作成し、設定する方法を分かりやすくご紹介していきます。

f:id:okinawapunk:20160506155402j:plain

WordPressを新規で作りたい方へ
もしWordPressなどのブログサイトを新規で作りたい場合、エックスツーには「ワンクリックインストール」という自動インストール機能があります。これを使うと手動でのデータベースの作成は不要です。
※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.データベースの設定方法

最初にサーバー管理ツールのログイン画面にアクセスして、ログインしましょう。そして「MySQL設定」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506154543p:plain

するとデータベース設定の画面にアクセスします。

f:id:okinawapunk:20160506154544p:plain

MySQL とは、ブログなどの文章管理システムの構築に向いたデータベース(=コンピュータ用情報保管システム)のことです。MySQL は性能の高さだけではなく、オープンソースで無料で配布されていることもあって多くのサーバーで利用されています。

さて、データベースを設定するには、

  • データベースの新規作成
  • ユーザーの新規作成
  • ユーザーに管理者の権限を付与

の流れでできます。設定は簡単なのでこれから解説する通りに行うだけなのでご安心ください。

1−1.データベースを新規で作成する

まず「MySQLデータベース追加」タブをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506154545p:plain

次の画面にアクセスしたらデータベース名を入力します。文字コードの設定は、例として WordPress の手動インストールを想定し、「UTF-8」を選択しました。

f:id:okinawapunk:20160506154546p:plain

設定が完了したら「データベースの追加」ボタンをクリックします。

確認画面を終えると、下図のようにデータベース名が追加されます。

f:id:okinawapunk:20160506154547p:plain

1−2.ユーザーを新規で作成する

続いて「MySQLユーザー追加」タブをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506154548p:plain

次にユーザー名とパスワードを入力します。設定したら「MySQLユーザーの追加」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506154549p:plain

※ 文字数の上限は、冒頭のID名(例では" scomparison_ ")を含めて16文字です

設定画面に下図のようにユーザーが追加されたら完了です。

f:id:okinawapunk:20160506154550p:plain

1−3.ユーザーにデータベースの管理者権限を付与する

まず「権限追加可能ユーザー」から新しく追加したユーザーを選択し、「追加」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506154551p:plain

次の画面のように「権限設定ユーザー」に表示されたらOKです。

f:id:okinawapunk:20160506154552p:plain

2.データベースの確認方法

管理画面の右メニュー、または下図のようにトップページから「phpmyadmin」をクリックします。(phpmyadmin とは、MySQL の管理画面の名称です)

f:id:okinawapunk:20160506154553p:plain

するとデータベース管理者のユーザー名とパスワードが求められますので、先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力して「OK」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160506154554p:plain

ログインが成功すると次の画面が表示されます。これでデータベースの確認ができました。

f:id:okinawapunk:20160506154555p:plain

以上がデータベースの設定方法となります。