読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

wpXレンタルサーバーにFTPソフトでアクセスする方法

FTPソフトでwpXサーバーにアクセスすると、大量のファイルを一度にダウンロードして効率よくバックアップを取ることが可能です。

また、ファイルサイズの重たいデータをミスなくアップロードすることもできます。

ここでは FileZilla、FFFTP、WinSCPの各FTPソフトの設定方法を分かりやすく解説します。

f:id:okinawapunk:20160324230216j:plain

※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.FTP設定を有効にする

最初にアプリケーション画面にアクセスして、「FTPアカウント設定」ボタンを押しましょう。

f:id:okinawapunk:20160324225232p:plain

続いて「設定変更」ボタンを押します。

f:id:okinawapunk:20160324225233p:plain

ここで「FTPアカウント名」と「FTPホスト名」をコピーしてメモ帳などに貼り付けておくと後でFTPソフトの設定がスムーズに進みます。

すると下図のようにFTPアカウントの設定画面が表示されます。

f:id:okinawapunk:20160324225234p:plain

ここでデータのバックアップのために「全てのファイル・フォルダにアクセスする」にチェックを入れましょう。

FTP接続で全てのファイルをダウンロードできます。

セキュリティ対策として「国外IPからのアクセスを宣言する」にチェックが入っているのを確認しましょう。FTP接続が国内からのみになります。

そして「設定変更(確認)」をクリックします。

次の確認画面が表示されたら、「設定編集(確定)」ボタンを押します。

f:id:okinawapunk:20160324225235p:plain

これで FTP アカウントの有効設定は完了です。

f:id:okinawapunk:20160324225236p:plain

「パスワード」は大切な情報なのでメモしておきましょう(後で変更も可能です)。

アプリケーション画面に戻ると、下図のようにFTPアカウントが「有効」となっていることが確認できます。

f:id:okinawapunk:20160324225238p:plain

続いてFTPソフトの設定方法を紹介しましょう。

2.FTPソフトを設定する

代表的な FTP 無料ソフトには

  • FileZilla:大量のデータのダウンロード・アップロードに強いFTPソフト
  • FFFTP:10年以上前からWindowsユーザーに愛されるFTPソフト
  • WinSCP:暗号化通信に対応した Windows 向けファイル送受信 FTP ソフト

の3つがあります。このソフトのそれぞれの設定イメージは下記をご確認ください。

「FileZilla」は大量のデータを取り扱うのに最適なFTPソフト 
FileZilla はここ数年、業務で実際に使用していますが、大量をデータを漏れなく取り扱うことができるので一番信頼しています。(FFFTPは途中で停止することがありました・・)詳しい使い方は『FileZillaのインストール方法』をご確認ください。
ホスト名の確認方法 
wpXサーバーの場合、ホスト名は、「[サーバーID].wp-x.jp」となります。[サーバーID] は管理パネル画面の右上に表示されています。

2−1.FileZillaの場合

FileZilla のサイトマネージャーを開いて、下記イメージの赤枠部分を入力します。

f:id:okinawapunk:20160324225239p:plain

「ログオンの種類(Logon Type)」が「通常(Normal)」となっているかチェックしましょう。

2−2.FFFTPのの場合

FFFTPの設定画面を開いて、下図の赤枠部分を入力します。

f:id:okinawapunk:20160324225240p:plain

「ホストの設定名」は任意の文字を入力します。管理の際に分かりやすくサイト名を入力するとよ良いでしょう。

2−3.WinSCPの場合

主に下図の赤枠部分を入力します。

f:id:okinawapunk:20160324225241p:plain

最初に「保存」ボタンをクリックして内容を保存し、「ログイン」ボタンをクリックしてサーバーにアクセスしましょう。

以上がFTPソフトの設定方法でした。