読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

格安レンタルサーバーを探せ!7社29プランの1年契約時の割引料金をまとめた結果

レンタルサーバー

「格安レンタルサーバー」というキーワードで検索すると、ただ値段が安いサーバーの羅列された記事が見つかります。

“安かろう悪かろう”という言葉の通り、格安サーバーにおいて、後から思っていたことができない、という可能性もあります。

ここでは「格安」というポイントを押さえて、次の流れで解説していきます。

  • 選出したサーバーたちの紹介
  • 料金の安い順に並べた結果
  • WordPressが使える格安レンタルサーバー

趣味やビジネス向けのブログ運営を前提に、最低限WordPressが利用できて、かつ将来的にアクセスが増えても安定したレンタルサーバーを探します。

初心者の方にも読み易くご紹介しています。サーバー選びの参考にしていただけますと幸いです。

f:id:okinawapunk:20160622174146j:plain

1.選出したレンタルサーバーたちの紹介

基本条件として、レンタルサーバー業界でも安心できる大手が運営するサーバーであることをメインに選出しました。

選手達は次の通りです。

※「月額費用」は1年契約した時の割引適用額(税込み)です(2016年6月現在)

No. 会社名 共用サーバー プラン 月額費用
1 GMOクラウド ドメインキング P ¥108
2 GMOクラウド ドメインキング S ¥324
3 GMOクラウド ドメインキング M ¥864
4 ネットオウル ミニバード - ¥270
5 ネットオウル ファイアバード - ¥540
6 ネットオウル クローバー - ¥1,620
7 GMOペパボ ロリポップ エコノミー ¥108
8 GMOペパボ ロリポップ ライト ¥270
9 GMOペパボ ロリポップ スタンダード ¥540
10 GMOペパボ ロリポップ エンタープライズ ¥2,160
11 GMOペパボ ヘテムル - ¥1,620
12 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー ライト ¥129
13 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー スタンダード ¥429
14 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー プレミアム ¥1,286
15 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー ビジネス ¥2,143
16 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー ビジネスプロ ¥3,857
17 WADAX WAPPY ライト ¥450
18 WADAX WAPPY エコノミー ¥900
19 WADAX WAPPY ミドル ¥1,350
20 GMOデジロック コアサーバー CORE-MINI ¥214
21 GMOデジロック コアサーバー CORE-A ¥429
22 GMOデジロック コアサーバー CORE-B ¥849
23 GMOデジロック コアサーバー CORE-C ¥3,420
24 エックスサーバー エックスサーバー X10 ¥1,080
25 エックスサーバー エックスサーバー X20 ¥2,160
26 エックスサーバー エックスサーバー X30 ¥4,320
27 エックスサーバー X2 スタンダード ¥1,944
28 エックスサーバー X2 アドバンスド ¥4,001
29 エックスサーバー wpXレンタルサーバー - ¥1,080

 
それでは早速、料金の安い順に並び替えます。

2.格安の料金順に並べた結果

先ほどの選手達をそれぞれ1年間使用した時の料金を算出し、下表の通り安い順に並べ替えました。まずはご覧ください。

※「1年契約の料金」は1年契約した時の割引が適用された月額費用+初期費用が含まれた料金(全て税込み)です。以下同じ(2016年6月現在)

No. 共用サーバー プラン 1年契約の料金 初期費用 月額費用
1 ドメインキング P ¥2,305 ¥1,009 ¥108
2 さくらのレンタルサーバー ライト ¥2,577 ¥1,029 ¥129
3 ロリポップ エコノミー ¥2,916 ¥1,620 ¥108
4 コアサーバー CORE-MINI ¥3,086 ¥515 ¥214
5 ミニバード - ¥4,860 ¥1,620 ¥270
6 ロリポップ ライト ¥4,860 ¥1,620 ¥270
7 ドメインキング S ¥4,897 ¥1,009 ¥324
8 WAPPY ライト ¥5,400 ¥0 ¥450
9 コアサーバー CORE-A ¥6,171 ¥1,029 ¥429
10 さくらのレンタルサーバー スタンダード ¥6,177 ¥1,029 ¥429
11 ロリポップ スタンダード ¥8,100 ¥1,620 ¥540
12 ファイアバード - ¥8,640 ¥2,160 ¥540
13 WAPPY エコノミー ¥10,800 ¥0 ¥900
14 ドメインキング M ¥11,377 ¥1,009 ¥864
15 コアサーバー CORE-B ¥12,239 ¥2,057 ¥849
16 WAPPY ミドル ¥16,200 ¥0 ¥1,350
17 エックスサーバー X10 ¥16,200 ¥3,240 ¥1,080
18 さくらのレンタルサーバー プレミアム ¥16,461 ¥1,029 ¥1,286
19 wpXレンタルサーバー - ¥18,360 ¥5,400 ¥1,080
20 ヘテムル - ¥23,706 ¥4,266 ¥1,620
21 クローバー - ¥24,840 ¥5,400 ¥1,620
22 ロリポップ エンタープライズ ¥29,160 ¥3,240 ¥2,160
23 エックスサーバー X20 ¥29,160 ¥3,240 ¥2,160
24 X2 スタンダード ¥29,808 ¥6,480 ¥1,944
25 さくらのレンタルサーバー ビジネス ¥30,858 ¥5,142 ¥2,143
26 コアサーバー CORE-C ¥46,182 ¥5,142 ¥3,420
27 さくらのレンタルサーバー ビジネスプロ ¥51,428 ¥5,142 ¥3,857
28 X2 アドバンスド ¥54,492 ¥6,480 ¥4,001
29 エックスサーバー X30 ¥55,080 ¥3,240 ¥4,320

 
ドメインキング・プランPが中でも一番安いことが分かりました。

ただし、値段だけを指標にレンタルサーバーを選ぶのは危険です。そこで、最後に各レンタルサーバーのサービス内容も付加します。

3.WordPressが使える格安レンタルサーバー

年間料金を安い順にソートしたまま、レンタルサーバーを選ぶ上で重要な指標となる項目を下表の通り並べてみました。すると興味深いことが見えてきました。

No. 共用サーバー プラン 1年契約の料金 データ転送量 ディスク容量 データベース
1 ドメインキング P ¥2,305 特になし 20GB 1個
2 さくらのレンタルサーバー ライト ¥2,577 40GB/日 10GB ×
3 ロリポップ エコノミー ¥2,916 40GB/日 10GB ×
4 コアサーバー CORE-MINI ¥3,086 3.3GB/日 60GB 10個
5 ミニバード - ¥4,860 5GB/日 50GB 5個
6 ロリポップ ライト ¥4,860 60GB/日 50GB 1個
7 ドメインキング S ¥4,897 特になし 100GB 5個
8 WAPPY ライト ¥5,400 無制限 50GB 5個
9 コアサーバー CORE-A ¥6,171 8.3GB/日 120GB 無制限
10 さくらのレンタルサーバー スタンダード ¥6,177 80GB/日 100GB 20個
11 ロリポップ スタンダード ¥8,100 100GB/日 120GB 30個
12 ファイアバード - ¥8,640 10GB/日 100GB 10個
13 WAPPY エコノミー ¥10,800 無制限 100GB 10個
14 ドメインキング M ¥11,377 特になし 200GB 10個
15 コアサーバー CORE-B ¥12,239 16.7GB/日 240GB 無制限
16 WAPPY ミドル ¥16,200 無制限 150GB 20個
17 エックスサーバー X10 ¥16,200 50GB/日 200GB 50個
18 さくらのレンタルサーバー プレミアム ¥16,461 120GB/日 200GB 50個
19 wpXレンタルサーバー - ¥18,360 50GB/日 30GB 10個
20 ヘテムル - ¥23,706 60GB/日 256GB 100個
21 クローバー - ¥24,840 33.3GB/日 150GB 50個
22 ロリポップ エンタープライズ ¥29,160 無制限 400GB 100個
23 エックスサーバー X20 ¥29,160 90GB/日 300GB 70個
24 X2 スタンダード ¥29,808 70GB/日 100GB 無制限
25 さくらのレンタルサーバー ビジネス ¥30,858 160GB/日 300GB 100個
26 コアサーバー CORE-C ¥46,182 33.3GB/日 500GB 無制限
27 さくらのレンタルサーバー ビジネスプロ ¥51,428 200GB/日 500GB 200個
28 X2 アドバンスド ¥54,492 90GB/日 200GB 無制限
29 エックスサーバー X30 ¥55,080 100GB/日 400GB 70個

※注1:コアサーバーとネットオウル社の「データ転送量」は月間表記のため、30日で割って1日換算にした数値を掲載しています
※注2:「データベース」は MySQL を意味します

「データベース」とは、WordPressなどのブログサイトを稼働するために絶対必要なシステムのことです。このシステムにブログ記事や読者のコメントなどが収納されます。

そうなんです。表から読み取れることは、さくらのレンタルサーバとロリポップは格安のプランを用意していますが、「WordPressは使用できないよ!」というサービスなのです。

次に表の項目で重要なのは「データ転送量」です。

データ転送量とは、読者があなたのブログ記事にアクセスした時、しっかりページが表示されるよう、レンタルサーバー側で配信されるデータの総量です。

ここだけの話、絶好調なクライアントサイトでは実際、月間50万PVのブログサイトの1日のデータ転送量は約20GBでした。将来的に劇的なアクセス数を望むなら、コアサーバーCORE-MINIやミニバードは少ないように感じました。

ちなみに「ディスク容量」は、最近のレンタルサーバーはどこも十分な程提供しており、10GBでも全て使い切るのはなかなか難しいでしょう。

あとがき

今時の格安レンタルサーバーは、10年前と比べて圧倒的に充実したサービスになっていますね。

ここでは格安サーバーに重きを置いたため、安さを重視するサーバー選びになってしまいました。

ただ私の本音として、WordPressが使用できる環境は当たり前で、本来はサーバーの性能とデータ転送量が十分なレンタルサーバーを選ぶのがベストです。

詳しく知りたい方は「レンタルサーバーの選び方で知らないと後悔する2つのこと」をお読みください。