読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

さくらレンタルサーバーで Movable Type を簡単にインストールする手順

 Movable Type は大企業でも利用される程信頼度の高いブログソフトで、多少のWeb制作のスキルが必要となりますが、デザインや掲載項目のカスタマイズが自在です。

ここでは、さくらレンタルサーバーの“クイックインストール”という機能を使って簡単に Movable Type をインストールする方法をご紹介しています。

f:id:okinawapunk:20160314213240j:plain

重要:Movable Typeインストール前の必須準備
Movable Typeをインストールするには必ず “データベース ”が必要です。データベースとは記事やコメントを保存するシステムのことです。作成は簡単なので『新たにデータベースを作る方法』を読んで作りましょう。
※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.Movable Type のインストールを準備する

クイックインストール画面にアクセスして、「ブログ」を選んだら「 Movable Type Open Source 」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160314211012p:plain

すると下図のように Movable Type のインストール設定画面にアクセスします。

f:id:okinawapunk:20160314211013p:plain

画面下部にある赤枠点線の箇所を入力します。

もし「事前にデータベースを作成する必要があります」と表示されたら・・
クイックインストールを使って Movable Type をインストールしようとすると次のメッセージが表示された場合、データベースの作成が必要です。

f:id:okinawapunk:20160314211014p:plain

冒頭で紹介した『新規データベースを作る方法』を読んで作成しておきましょう。

ここでは例として次の通り設定しています。

f:id:okinawapunk:20160314211015p:plain

  • 確認:" GNU GENERAL PUBLIC LICENSE "にはフリーソフトウェアライセンスに関する内容、インストール規約にはプログラムの使用によるトラブル・損害に関する内容が記載されています。前者は全て英語なので日本語に訳された「GNU契約書」を参考にしましょう。これ同意してチェックを入れます。
  • インストール先:任意の文字を入力します。ここでは Movable Type の頭文字をとって「mt」にしました。
  • データベース:前もって作ったデーターベースを選択します。
  • データーベースパスワード:選択したデータベースのパスワードを入力します。

全ての設定が完了したら「インストール」ボタンを押しましょう。

補足:インストール先のフォルダ名は必須
さくらサーバーではMovable Typeのインストール先のフォルダ名を必ず指定しなければなりません。シンプルで短めの任意の文字を入力しましょう。

 

しばらくすると次の通り「 Movable Type Open Source インストール完了」と表示されます。続けて「アプリケーションの設定へ進む」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160314211016p:plain

2.Movable Type の初期設定をする

すると Movable Type のアカウント作成画面にアクセスします。

f:id:okinawapunk:20160314211017p:plain

  • ユーザー名:任意の文字を入力しましょう。管理画面のログインIDとなります。
  • 表示名:サイト管理画面に表示される表示名です。名前を入力します。
  • 電子メール:サイト担当者のメールアドレスを入力しましょう。
  • システムのメールアドレスとして利用する:チェックを入れます。するとサイト上でアクションがあった際に通知されるようになります。
  • 使用言語:日本語を選びます。
  • パスワード:8文字以上の任意の文字を入力します。管理画面のログインパスワードとなります。

設定が全て完了したら「次へ」ボタンをクリックしましょう。 

続いて下図のウェブサイト作成の初期画面へアクセスします。

f:id:okinawapunk:20160314211018p:plain

「ウェブサイト名」は後で編集するのでそのまま。その他の設定も特に変更する必要はなく、そのままの内容で「インストール」をクリックします。

重要:「ウェブサイト」「ウェブページ」「ブログ」の違い

Movable Type は通常のブログと少し構成が変わっていて「ウェブページ」と「ブログ」の2つから成ります。この違いを下表を確認しましょう。

項目 用途 ページファイル名 カテゴリーの有無 RSSフィードの有無
ウェブページ 会社案内などの個別ページを作成する際に使用します。 指定する × ×
ブログ 頻繁に記事を更新する際に使用します。コンテンツの作成はここで行います。 自動(指定可能)

そして、Movable Type ではこの2つをまとめて「ウェブサイト」と呼びます。(先ほどのウェブサイトの初期設定がこれに当たります)

これらのポイントをしっかり抑えておくと、これから Movable Type サイトを運用する上で混乱することはないでしょう。

次の画面に変わってインストールが開始されるのでしばらく待ちましょう。

f:id:okinawapunk:20160314211019p:plain

無事にインストールが完了したら「サインイン」ボタンをクリックして次の画面へ進めます。

f:id:okinawapunk:20160314211020p:plain

最後に問題なくサイトが表示されるかを確認します。

3.サイトを確認する

すると次の「ユーザーダッシュボード」画面に移ります。下図の「設定」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160314211021p:plain

下図のようにウェブサイトの設定画面が表示されます。ウェブサイト設定の名前を変更して、画面下部にある「変更を保存」 ボタンを押します。

f:id:okinawapunk:20160227220342p:plain

ここで重要なポイントとなりますが、ウェブサイトを反映させるには、画面上部にある「サイトを再構築」をクリックします。すると下図のポップアップ画面が表示されるので「再構築」ボタンをクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160314211728p:plain

続いてブログサイトの設定です。左メニューより「ブログ → 新規」の順にクリックして「ブログ名」を入力します。そして画面下部にある「ブログの作成」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160314211729p:plain

ウェブサイトと同様にブログサイトも下図の通り「サイトを再構築 → 再構築」の順でクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160314211730p:plain

次のイメージはブログ記事を投稿したトップページとなります。

f:id:okinawapunk:20160314211731p:plain

これで Movable Type のクイックインストールは完了です。