読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

書籍『超かんたん アフィリエイト』この本から学んだ3つの大切なこと

アフィリエイト

『超かんたんアフィリエイト』の著者、鈴木 利典(としのり)さんは19年勤めた会社を辞めて2016年1月、個人事業主として独立し、専業アフィリエイターになりました。

そして同年4月に出版された書籍が、今回紹介する本となります。

率直な感想は、アフィリエイトに関する各状況での作業や考え方が具体的なため、とても学びになりました。

私が特にこの本からヒントを得たポイントは次の3つです。

  • ブログが伸び悩んだ時に覚えておくこと
  • 収益を上げるために意識すべきこと
  • 検索結果の順位をさらに上げるためにすべきこと

あくまで私のその時の状況で心に強く残ったポイントとなります。ただ、この書籍に興味がある方の参考になれば幸いです。

f:id:okinawapunk:20160915155038j:plain

1.ブログが伸び悩んだ時に覚えておくこと

先に結論を言いますと、アフィリエイトのブログ運用で上手くいかないことがあっても「記事を書き続けること」が大事だと鈴木さんは説いています。

それは次の一文から読み取れます。

(月3万円以上の収益を目指した時にぶつかる)この壁を越えていく方法はいくつかあります。1つはとにかく書き続けること。

アフィリエイトの王道はただ書き続けることだという人もいます。

引用:超かんたんアフィリエイト「データ分析をしよう!」P92

私が『超かんたんアフィリエイト』を読んだのは2016年7月。

私は複数のブログを運営し、この時メインで運営していたブログサイトは4ヶ月も経つのに思ったようにアクセス数が増えず、少し悩み始めた時期でした。

アフィリエイトで最も重要なのは、検索サイト経由(GoogleやYahoo!など)からのアクセス数です。その理由は、アフィリエイトの成約率が高いから。

検索サイト経由からのアクセス数は、ブログ開始4ヶ月目で1万以上が私の当初の目標だったのですが、実際にはその半分も達成できていなかったのです。

ただこの時、「アフィリエイトの王道はただ書き続けること」の言葉がやけに心に響いたのを覚えています。

そこで私は悩むのを止めて、とにかく記事を書き続けました。

すると徐々にではありますが、検索サイト経由からのアクセス数が増えて、先月は収益1万円の壁を越えました(ただし、未確定報酬を含む)

※ 私の場合、4ヶ月も経って結果が出ないのはアクセス数が見込めないキーワードを狙いすぎていたことが原因だと理解し、アクセスが多目のキーワードに関する執筆にすぐに軌道修正をしています。

2.収益を上げるために意識すべきこと

また鈴木さんは、収益アップのためにある程度のアクセス数がないと稼げない、と言及しています。

アクセス数はアフィリエイトにおいては、あまり重要ではありません。

<中略>

筆者にしても月間20万PVほどのブログで50万円以上の収益を得ています。

そうはいっても、ある程度のアクセス数がなければ稼げないのも事実です。

引用:超かんたんアフィリエイト「どうすればアクセスが増えるか?」P124

私はこの言葉にとても共感しました。

アフィリエイトで月100万円以上稼ぐ知人のアドバイスや、私が複数運営しているブログの経験上、ある程度のアクセス数があると安定的に報酬を得ることができると考えています。

(私の成果は「月5万円稼ぐサイトの作り方8ステップ」の冒頭で紹介しています)

鈴木さんも同じようにお考えだと知り、私の考えが確信に変わった気分でした。

これは母数が多い方が当然、アフィリエイト広告経由で購入してくれる人が増えるからです。

さらに初心者の方は、アクセス数が増えただけで報酬が増える『Google アドセンス』などのクリック報酬型でも収益を簡単に上げることができます。

ちなみに、この“ある程度のアクセス数”の基準として、月間10万以上は欲しいですね。

アクセス数を上げるには?

鈴木さんは、アクセスアップのために次の2つのことをアドバイスしています。

  • 記事を増やすこと
  • 記事はアクセスが増える内容であること

「アクセスが増える内容」とは、おそらく検索サイト利用者のニーズを把握することだと解釈しました。

つまり「ニーズのあるキーワード」=「過去に検索されたことのある検索ワード(検索語)」を調査して、そのキーワードに関する記事だけを増やしていくのです。

あるキーワードが検索サイトで月間、どれだけの回数検索されたのかを把握する方法があります。

これは、Googleが提供する無料ツール『キーワードプランナー』の「月間平均検索ボリューム」を確認すると分かります。

初めて知った方は「ブログ初心者が知っておくべきキーワードプランナーの使い方」を一読しておきましょう。

※キーワードプランナーの「月間平均検索ボリューム数」の表記が、詳細数値から「1,000~1万」のようなアバウトな数値表記に変更したようです。(2016年9月現在)

f:id:okinawapunk:20160831182748j:plain

3.検索結果の順位をさらに上げるためにすべきこと

鈴木さんは、検索結果の順位を上げる方法として、記事のリライトや追記を推奨しています。

もちろん、単純に記事を編集していく訳ではありません。

ただし、無関係なことを書き足しても検索順位は落ちるだけです。

あくまでも狙っているキーワードに関連した、ユーザーが求めていそうな情報を追記しなければ意味がありません。

引用:超かんたんアフィリエイト「継続して安定した収入を得るためには」P156

競合サイトを確認して不足分を見つけ、自分の言葉でリライトや追記するやり方が簡単かもしれませんね。

一番良いのは、競合の書いていないユーザーのためになる素晴らしい情報を発見し、追記すること。これは、差別化も図ることができて評価向上が期待できます。

そのために常に検索ユーザーのことを考えるクセ付けが必要になります。

1記事何文字あればよい?

少しそれますが、たまにGoogle対策として「1記事○○○文字は必要」とアドバイスする記事を拝見しますが、あまり正確な解釈ではなかったなと痛感しました。

鈴木さんは、“あくまでも狙っているキーワードに関連した、ユーザーが求めていそうな情報”と述べている通り、一番重要なのことは検索ユーザーの満足度にどれだけ答えられるか。

検索ユーザーが抱える悩みや問題を解決するため、必要な情報を提供することが遙かに大切であることが学べます。

そのために1記事に必要な文字数は、1000文字かもしれないし5000文字、場合によっては1万文字かもしれません。

Googleの創業者であるラリー・ペイジは次のように語っています。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。

引用:Googleのサービス「Google がユーザーのためにしていること」

検索ユーザーだけを見ていれば、自然と検索結果の順位向上につながる記事作成ができることでしょうね。

補足:今では安定的に稼いでいるアフィリエイターたちの最初

書籍の冒頭で紹介されるアフィリエイターの方々のインタビューが紹介されています。

そこで彼らが月5万円を突破するのにかかった期間が興味深いので一部、ご紹介します。

月5万円の収益になるまでかかった期間

  • 染谷昌利さん(日本アフィリエイト協議会理事):6年
  • hoshiyaさん(女性向けブログで月10万円):3年
  • A・Sさん(月10万円を稼ぐ派遣社員):1年
  • Brighfutureさん(100万PVのブログ運営者):6ヶ月

染谷さんとは、12年間勤めた会社を辞めてブログ1本で人生を切り開いた凄い方です。「ブログ飯」という言葉を作った人としても有名です。

そのような方でも月5万円稼ぐのに6年もかかっているのです。諦めずにやり続けることが大事ですね。

※ 以前、染谷さんの書籍『ブログ飯』は、当サイトでも扱ったので興味のある方は「書籍『ブログ飯』を勝手にSEO視点で酷く斬ってしまった件」をお読みください。

あとがき

こちらは鈴木さんが書籍を出版する際、受けたインタビューの一文です。

アフィリエイトはSEOやコンテンツマーケティングの集大成だと思うようになったんです。

引用:MONEY おすすめ書籍紹介「アフィリエイトで日本を元気にしたい

とても素晴らしい言葉ですね。

正直、私は自分で実践してアフィリエイトで多少の収益を得る前は、「アフィリエイトはいかがわしいもの」と勘違いしていました。

実際にやって分かったことは、この鈴木さんの言葉に集約されています。

そのため最近では、私はアフィリエイトでSEO対策を施していく作業や「どうやったら稼ぐことができるか?」などを追求している自分に誇りを持つようになりました。

最後になりましたが、鈴木さんご本人に関する情報は『鈴木です。』より確認できます。