読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

ブロガー初心者へ!個人向けレンタルサーバーの選び方5つのポイント

本気でビジネスブログを運営したい、ブログで稼ぎたいという方向けに次のポイントをご紹介します。

  • WordPressが使用できる
  • サーバーの性能が高い
  • データ転送量が十分
  • 操作しやすい
  • リーズナブルな料金

個人向けのレンタルサーバーで押さえるべきは、この5つのポイントだけです。

専門用語は全て噛み砕いて解説して参りましょう。

f:id:okinawapunk:20160706181041j:plain

1.個人向けにお勧めできるレンタルサーバー

最初に結論をお伝えすると、個人向けにお勧めできるのは次の2つのレンタルサーバーです。

No. 会社名 共用レンタルサーバー プラン 月額費用
1 エックスサーバー エックスサーバー X10 ¥1,080
2 GMOペパボ ロリポップ スタンダード ¥540

 
実際には次の信頼できる会社が運営する人気の高いサーバーがあるのですが、検証した結果、上表の2つに絞りました。

No. 会社名 共用レンタルサーバー プラン 月額費用
1 さくらインターネット さくらのレンタルサーバ スタンダード ¥429
2 さくらインターネット さくらのレンタルサーバ プレミアム ¥1,286
3 エックスサーバー エックスサーバー X10 ¥1,080
4 エックスサーバー wpXレンタルサーバー - ¥1,080
5 エックスサーバー X2 スタンダード ¥1,944
6 GMOペパボ ロリポップ ライト ¥270
7 GMOペパボ ロリポップ スタンダード ¥540
8 GMOペパボ ヘテムル - ¥1,620


この結果を出す根拠となったのが重要なポイントを1つ1つ解説していきましょう。

f:id:okinawapunk:20160509153743j:plain

2.個人向けのレンタルサーバーの選び方5つのポイント

まず個人向けのレンタルサーバーで押さえるべきポイントは次の5つです。

  • WordPressが使用できる
  • サーバーの性能が高い
  • データ転送量が十分
  • 操作しやすい
  • リーズナブルな料金

値段だけで選ぶと「安かろう、悪かろう」と後で後悔します。

ここではブログでビジネスをしたい方、本気で稼ぎたいという方を対象に分かりやすく説明します。

2−1.WordPressが使用できる

WordPressとはブログサイトを構築するソフトです。

WordPressの一番の特長は、GoogleやYahoo!検索サイトと相性が良いことです。このため、頑張って記事を公開し続けると、毎月数十万以上のアクセスが期待できます。

しかし、月額数百円の格安レンタルサーバーだと、このソフトが使用できないケースがあります。

あまり情報を確認せずに「安いから」という理由だけでレンタルサーバーを選ぶと後悔するでしょう。

2−2.サーバーの性能が高い

これは言い換えると「ブログサイトの表示速度が速い」という意味です。

Google検索サイトは、あらゆる評価ポイント(200項目以上と言われる)でWebサイトやブログ記事を審査します。

そして、最終的に評価システムが判断を下し、検索結果の順位を決めています。

その評価ポイントの重要な要因の1つに「サイトの表示が速い」という項目があります。

つまり、サーバーの性能が高い=サイトの表示が速い につながり、評価が高くなることが期待できるのです。

ちなみに当サイトで検証ツールを使用してテストをした結果、次のようになりました。

順位 共用サーバー プラン 同時アクセス数 リクエスト合計数 1秒間のリクエスト処理数
1 エックスサーバー X10 8 800 46.1
2 wpXレンタルサーバー - 8 800 36.5
3 ロリポップ スタンダード 8 800 20.5
4 X2 スタンダード 8 800 18.5
5 ヘテムル - 8 800 11.2
6 ロリポップ ライト 8 800 10.4
7 さくらのレンタルサーバ プレミアム 8 800 6.1
8 さくらのレンタルサーバ スタンダード 8 800 4.8

 
これは検証ツールで同時アクセス数を徐々に増やしていき、8人同時アクセスした時の結果を表したものです。

「リクエスト」とは、ブラウザがブログ記事を表示するために、サーバーに指示を出してデータを取得する数、という解釈でお願いします。

結果は、エックスサーバー(プランX10)が一番処理能力が高いことがわかります。

さらに詳しい内容は「レンタルサーバー比較の結果、3社8プランで1位はエックス!」をお読みください。

f:id:okinawapunk:20160630164144j:plain

2−3.データ転送量が十分

初心者の方が一番見逃しやすいポイントがこの「データ転送量」です。

データ転送量とは、検索して来た人があなたのブログ記事にアクセスした時、ちゃんとページが表示されるようにレンタルサーバー側で配信する“データファイルの総量”と解釈ください。

そしてこのデータ転送量は、各社レンタルサーバーで1日の上限値が実は決まっています。

この上限値を超えると強制的にサイトが表示されない、という事態に陥ることがあります。

特にビジネスブログを運用したい方は、かなりの機会損失になる(お客様を失うことに繋がります)ので用心深くチェックしましょう。

データ転送量はレンタルサーバーの公式サイトで確認出来ます。

ちなみに冒頭で挙げたサーバーに関しては次の通りです。ご参考までに。

No. 共用サーバー プラン データ転送量 ディスク容量 データベース ドメイン登録数
1 さくらのレンタルサーバ スタンダード 80GB/日 100GB 20個 20件
2 さくらのレンタルサーバ プレミアム 120GB/日 200GB 50個 30件
3 エックスサーバー X10 50GB/日 200GB 50個 無制限
4 wpXレンタルサーバー - 50GB/日 30GB 10個 10件
5 X2 スタンダード 70GB/日 100GB 無制限 無制限
6 ロリポップ ライト 60GB/日 50GB 1個 50件
7 ロリポップ スタンダード 100GB/日 120GB 30個 100件
8 ヘテムル - 60GB/日 256GB 100個 無制限

2−4.操作性が高い

つまりレンタルサーバーの操作がしやすい、ということです。

結果的としてSEO対策(検索ユーザーにより満足してもらうための記事を作成・構成すること)につながります。

なぜなら、初めてレンタルサーバーを使う利用者は、お申し込みからWordPressのインストール・構築作業までスムーズにできます。

さらに不具合を誘発する可能性のない、よく利用者のことを考えた設計になっていると最高です。

すると、あなたは記事の作成に専念できるのです。

「時間をかけたら良質な記事はできるのか?」というツッコミがありそうですが、私は時間をかけただけ明確に良い記事ができる、という考えです。

読者のために「記事作成のため、何を調査すべきか?」「どのように表現すると伝わるか?」「どう付加価値を与えるか?」など、たくさん時間が使えます。

すると、どんどん記事のクオリティが上がり、結果的に良質な記事の提供=SEO対策につながるのです。

2−5.リーズナブルな料金

そして料金については最後の判断基準としましょう。

ちなみに当サイトでもオススメしている「エックスサーバー」は、非常に優秀なレンタルサーバーですが、月額1000円ほどかかります。

ここで自分のことを少し話しましょう。

私が当サイトとは別に運用する月間8万アクセスのブログは、Googleの広告だけで2万円以上稼いでいます。

しっかりブログ記事を書いていくと、十分にペイできる収益は得られるかと思っています。

※ちなみに、記事数は90記事。1記事3〜4時間はかけました。収益が出てきたのはブログ開始から5ヶ月後のことです。