読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressのバックアップ取得方法

予測できない不具合やサーバー障害からあなたの資産=コンテンツを守るため、特に WordPress などのブログシステムは2種類のデータのバックアップが必ず必要です。

1つはサーバー上のデータファイル。もう1つはデータベース上のデータです。

“データベース”とは、ブログ記事やコメントなどが保存されるシステムのことです。ここでは特にデータベースのバックアップ方法について解説します。

実際には次の2つのステップでできるので簡単です。

  • データベース画面へのアクセス
  • バックアップファイルの保存

また図解で分かりやすく紹介するので、安心して読み進めてください。

f:id:okinawapunk:20160405154700j:plain

※ この記事は、2015年3月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.データベース画面にアクセスする

まずユーザー専用ページにログインして、左メニューから「WEBツール → データベース」の順でクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160405153941p:plain

次のデータベース画面が表示されるので、最初にデータベースにログインする情報を取得します。

f:id:okinawapunk:20160405153942p:plain

  • サーバー:データベースにログインする時、「サーバーの選択」が問われるので、このサーバー名を必ずメモ帳などにメモしておきます。
  • ユーザー名:ここに記載されているユーザー名がログインIDとなります。またパスワードは「パスワード確認」をクリックすると表示されます。それぞれメモしておきます。

次に「phpMyAdminを開く」ボタンをクリックします。" phpmyadmin "とは、データベースの管理ツールの名称です。

f:id:okinawapunk:20160405153943p:plain

すると次のデータベースのログイン画面が表示されます。

f:id:okinawapunk:20160405153944p:plain

「言語」は日本語を選択し、先ほどメモした情報を反映して「実行する」をクリックします。

うまくログインできると下図の様な画面が表示されます。

f:id:okinawapunk:20160405153945p:plain

2.バックアップファイルを保存する

続いてデータベースのファイルを保存する設定を行います。

まず画面の左メニューにあるデータベース名をクリックします。これも先ほどのロリポップの「データベース」画面で確認できます。ここでは例として「LAA0590174-iyhtsy」を選びました。

f:id:okinawapunk:20160405153946p:plain

すると次のように選択したデータベースの構成内容が表示されます。

f:id:okinawapunk:20160405153947p:plain

「エクスポート」タブをクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160405153948p:plain

下図がエクスポートの画面です。

f:id:okinawapunk:20160405153949p:plain

「詳細」を選択します。

f:id:okinawapunk:20160405153950p:plain

このエクスポート画面で次の通り3つだけしっかり設定し、それ以外の項目は最初の状態のままにします。

f:id:okinawapunk:20160405153951p:plain

ここで見慣れない専門用語について簡単に解説します。

  • SQL(エスキューエル): データベースで使用されるシステム言語のこと。
  • gzip(ジー・ジップ)形式:データベースを復元する際に使用される圧縮形式。

設定項目が問題ない事を確認したら画面下部にある「実行」ボタンをクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160405153952p:plain

次の画面がポップアップで表れるのでデータをPC上に保存します(下図イメージは Mac の場合)。

f:id:okinawapunk:20160405153953p:plain

以上がロリポップサーバーのデータベースをバックアップする方法です。