読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

さくらレンタルサーバーで新しくデータベースを作る方法

さくらレンタルサーバーの場合、WordPress などのブログソフトをインストールするには、前もって“データベース”の新規作成が必須です。

データベースとは、ブログ記事や読者コメントなどのデータを格納する情報保管システムのことです。

ここではさくらレンタルサーバーで新しくデータベースを作成する方法を分かりやすくご紹介します。

f:id:okinawapunk:20160311174527j:plain

※ この記事は、2015年1月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.データベースの作成方法

まずサーバーコントロールパネルにログインしたら、画面左メニューの「データベースの設定」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160311174124p:plain

次の画面が表示されたら「データベースの新規作成」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160311174125p:plain

するとデータベースを新規で作成する画面にアクセスします。

f:id:okinawapunk:20160311174126p:plain

ここで設定・入力する内容は次の通りです。

  • MySQL:MySQL はブログなどの文章管理システムの構築に向いたデータベースです。ここでは最新のバージョン「5.5」しか選択できません(2015年1月当時)。
  • データベース名:データベース名を入力します。WordPress なら " wp1 "など後々忘れない名前を設定することがベターです。
  • 接続用パスワード:英数字や一部記号( ハイフン(-)、アンダーバー(_) )を入力します。これはデータベース管理画面にログインするときのパスワードになります。
  • データベース文字コード:コンピュータが理解する文字識別のルールを指定します。WordPress や Movable Type は「UTF-8」を使用します。

ここでは例に WordPress のインストールを想定して次のようにデータベースを作成します。

f:id:okinawapunk:20160311174127p:plain

設定が完了したら「データベースを作成する」をクリックします。

すると次の通り新しく作成したデータベースがデータベース一覧に追加されます。

f:id:okinawapunk:20160311174128p:plain

2.データベースの確認方法

作成したデータベースを確認するには、まず「管理ツール ログイン」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160311174129p:plain

データベースのログイン画面が表示されたら、データベース ユーザー名と先ほど設定したパスワードを入力して「実行する」ボタンを押します。(phpmyadmin とは、データベース管理画面の名称です。)

f:id:okinawapunk:20160311174130p:plain

ログインが成功すると次の画面にアクセスします。新規で追加したデータベース名が画面の左メニューに表示されます。これが確認できたらOKです。

f:id:okinawapunk:20160311174131p:plain

これでデータベース管理画面で確認することができました。

さていよいよブログソフトのインストールへ進めることが出来ます。

さくらレンタルサーバーには、ソフトを簡単にインストールできる機能があります。詳細は下記記事をご覧ください。

sabameshi.server-party.com