読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

90記事で使用量は7GB!レンタルサーバーのディスク容量の決め方

レンタルサーバーの容量はどれくらいあればベストなのか?実際に使用したことがなければ全く検討がつかないでしょう。

ここではそのような方の問題を解決するため、次のポイントを押さえながら解説していきます。

  • 90記事のサイトで使用した容量は約7GB
  • ディスク容量の決め方
  • レンタルサーバーのディスク容量一覧
  • 本当に重要なのはディスク容量じゃない!

当記事がレンタルサーバー選びで悩んでいる方の解決に少しでもお役立ちできたら幸いです。

f:id:okinawapunk:20160509160148j:plain

月間9万PV、90記事のサイトで使用した容量は約7GB

私は当サイトとは別にWordPressで作ったブログサイトを運営してます。

半年程で90記事書いて直近30日(2016/6/5-7/5)のアクセス数は、90,812 PV(ページビュー)に育ちました。

f:id:okinawapunk:20160708103822p:plain

さてこの時のディスク容量はどれくらい使用しているのでしょうか。

私はエックスサーバーを利用しており、管理画面の「ディスク使用量」から下図の通り確認できます。

f:id:okinawapunk:20160708122006p:plain

ディスク使用量はおよそ7GB(1GB=約1000MB)でした。

エックスサーバーの月額1000円のプランを利用しているのですが、提供される容量は200GB。

上図の「空き容量」にも記載がありますが、残り193GBも余っています。なんと使用率3.5%!単純計算で200記事書いても20GB超えないでしょう。

ディスク容量の決め方

さて、思いのほかディスク容量は使い切れないことが伝わったかと思います。

ここでディスク容量はどれくらい必要か?にお答えすると「月額500円以上のレンタルサーバーであれば問題ない」と結論付けます。

それはディスク容量が十分なだけではなく、サーバーの性能、データ転送量などが十分に提供されているからです。

詳しく知りたい方は「個人向けレンタルサーバーの選び方5つのポイント」を一読ください。

あと参考までに、私がこの月間9万PVのブログを運営している状況は次の通りです。

  • 1枚100〜200KBの画像ファイルを1記事に2〜3枚掲載
  • 画像はあまり重複がない
  • テキストデータは1記事2000〜3000文字程

※ 特にデジカメで撮影した画像サイズはバカでかいので、Webツールなどを使って横幅を640pixに統一してサイズを絞っています。これはSEO対策のためです

私の記事は長いのが特長で、でも読者に飽きさせないように画像を要所要所で挿入しています。

もしそこまで記事が長くなく、画像を使用しないのであればディスク容量はもっと抑えることができます。

レンタルサーバーのディスク容量一覧

レンタルサーバーのディスク容量は月額料金が高いほど、使用できる容量サイズも大きくなります。

実はここ最近、どこのレンタルサーバーも十分すぎる程のディスク容量を提供しています。

百聞は一見にしかず。まずは実際の容量を見ていきましょう。

レンタルサーバー業界でも安心できる大手が運営する7社29プランを選出し、サーバーの容量を下表にまとめました。

※「月額費用」は税込み価格です(2016年6月現在)

No. 会社名 共用サーバー プラン 月額費用 ディスク容量
1 GMOクラウド ドメインキング P ¥108 20GB
2 GMOクラウド ドメインキング S ¥324 100GB
3 GMOクラウド ドメインキング M ¥864 200GB
4 ネットオウル ミニバード - ¥270 50GB
5 ネットオウル ファイアバード - ¥540 100GB
6 ネットオウル クローバー - ¥1,620 150GB
7 GMOペパボ ロリポップ エコノミー ¥108 10GB
8 GMOペパボ ロリポップ ライト ¥270 50GB
9 GMOペパボ ロリポップ スタンダード ¥540 120GB
10 GMOペパボ ロリポップ エンタープライズ ¥2,160 400GB
11 GMOペパボ ヘテムル - ¥1,620 256GB
12 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー ライト ¥129 10GB
13 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー スタンダード ¥429 100GB
14 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー プレミアム ¥1,286 200GB
15 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー ビジネス ¥2,143 300GB
16 さくらインターネット さくらのレンタルサーバー ビジネスプロ ¥3,857 500GB
17 WADAX WAPPY ライト ¥450 50GB
18 WADAX WAPPY エコノミー ¥900 100GB
19 WADAX WAPPY ミドル ¥1,350 150GB
20 GMOデジロック コアサーバー CORE-MINI ¥214 60GB
21 GMOデジロック コアサーバー CORE-A ¥429 120GB
22 GMOデジロック コアサーバー CORE-B ¥849 240GB
23 GMOデジロック コアサーバー CORE-C ¥3,420 500GB
24 エックスサーバー エックスサーバー X10 ¥1,080 200GB
25 エックスサーバー エックスサーバー X20 ¥2,160 300GB
26 エックスサーバー エックスサーバー X30 ¥4,320 400GB
27 エックスサーバー X2 スタンダード ¥1,944 100GB
28 エックスサーバー X2 アドバンスド ¥4,001 200GB
29 エックスサーバー wpXレンタルサーバー - ¥1,080 30GB

 
さすがに月額100円のサーバーだと10GB程となりますが、月500円以上支払えば十分な容量が提供されますね。

本当に重要なのはディスク容量じゃない!

「本気でビジネスブログを運営したい」「しっかり稼げるブログを作りたい」

そんな方がレンタルサーバーを選ぶ時、重要視するのはディスク容量ではありません。

本当に重要なポイントは次の3つとなります。

  • レンタルサーバーの処理速度が速い
  • 記事作成に専念できる環境
  • データ転送量が十分ある

詳しくはこちらの記事をお読みください。