読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

ヘテムルでWordPressデータのバックアップを取る方法

WordPress のバックアップをとる場合、サーバー上の全てのファイルとデータベースのこの2つのデータのバックアップが必須です。

“データベース”とは、ブログ記事やコメントなどが保存されるシステムです。

サーバー上のファイル保存はFTPソフトでアクセスして、全てのファイルをダウンロードするだけです。一方、データベースのデータ保存の場合、

  • データベース画面へのアクセス
  • バックアップファイルの保存

の2つの手順が必要です。

ここではレンタルサーバー・ヘテムルにおいて、バックアップデータの取得方法を初心者の方でも分かるように解説しています。

f:id:okinawapunk:20160421153051j:plain

※ この記事は、2015年2月にレンタルサーバーを操作した時のメモ書きを編集してまとめたものです。

1.データベース画面にアクセスする

まずコントロールパネルにログインして、右側のメニューにある「データベース」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160421151730p:plain

すると次の画面が表示されます。赤枠の部分が使用しているデータベースの情報です。

f:id:okinawapunk:20160421151731p:plain

この「phpMyAdmin」というボタンを押します。" phpmyadmin "とは、データベースの管理ツールの名称です。

f:id:okinawapunk:20160421151732p:plain

すると次のログイン画面が表示されます。

f:id:okinawapunk:20160421151733p:plain

「言語」は日本語、「サーバーの選択」はそのママにします。あとはデータベースユーザ名とパスワードを入力して「実行する」ボタンを押しましょう。

ログイン情報を忘れてしまった方へ
データベースのログイン情報を忘れた方は『WordPressを利用して phpmyadmin にログインする方法(準備中)』を読んで取得しましょう。
エックスサーバーの記事ですが参考になります。また、サーバーへの接続方法は『FTPソフトを設定してサーバーにアクセスする方法 』をご覧ください。

ログインが成功すると次の画面にアクセスします。

f:id:okinawapunk:20160421151734p:plain

2.バックアップファイルを保存する

続いてデータベースのデータを保存していきます。

まず管理ツールの左メニューよりユーザー名と同じ名前をクリックします。ここでは一例として WordPress のために作成したデータベース「_compserv_zcltkt」を選びます。

f:id:okinawapunk:20160421151735p:plain

するとデータベースの構成内容が表れます。

f:id:okinawapunk:20160421151736p:plain

「エクスポート」タブをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160421151737p:plain

これがエクスポート画面です。

f:id:okinawapunk:20160421151738p:plain

「エクスポート方法」をしっかり設定したいので「詳細」を選びます。

f:id:okinawapunk:20160421151739p:plain

このエクスポート画面で次の通り設定し、それ以外はデフォルトのままにします。念のため簡単に解説しましょう。

f:id:okinawapunk:20160421151740p:plain

  • SQL: データベースで使用される言語のこと。
  • gzip形式:データベースを復元する際に使用される圧縮形式です。

設定が完了したら画面の一番下にある「実行」ボタンを押します。

f:id:okinawapunk:20160421151741p:plain

すると次の画面がポップアップで表れるので「OK」をクリックします(イメージは Mac のケース)。

f:id:okinawapunk:20160421151742p:plain

これでデータベースファイルがパソコンに保存されます。

ヘテムルのデータベースのバックアップ方法はこれで以上です。