読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

著作権フリー!無料なのに高画質な写真素材サイト5選【2016年版】

私が本格的にブログを始めた2015年、いつもAC写真の素材にお世話になっていました。

ただ近頃は利用者が増えたのか、似た画像を目にするようになりました。

「他にも無料写真はないかな?」と探した結果、クオリティの高い写真を提供する下記サイトにたどり着きました。

  1. 保存時に画像サイズが選べる『pexels』
  2. 高画質でシュールな写真『GRATISOGRAPHY』
  3. “関連画像”の機能が便利な『picjumbo』
  4. 見たことのないクールな写真『SplitShire』
  5. うっとり見とれる写真素材『Unsplash』

会員登録不要ですぐにダウンロードして使えます。また著作権なしで、商用利用も可能な素材ばかりです。

Webデザイナーやエンジニア、ブログを書く人たちに少しでもお役に立てれば幸いです(すでにご存じでしたらすみません...orz)。

補足:「パブリック・ドメイン」とは?
ここで紹介するサイトのほとんどの写真素材は、素材提供者の意向で「パブリック・ドメイン」で提供されています。パブリック・ドメインとは、簡単に言うと著作権や商標権が放棄された状態を言います。その詳細は「パブリック・ドメイン提供」より確認できます。

1.保存時に画像サイズが選べる『pexels』

URL:pexels / 作品は著作権を放棄する「パブリックドメイン」で提供されています

主にパブリックドメインで提供される作品だけを集めた『pexels』。

高解像度写真のキュレーション・サイトでしょうか?けっこうな数の写真があります。

このサイトは最近見つけたのですが、かなりの頻度で活用させていただいています。

特に便利なのが素材をダウンロードする時に写真サイズを選択できるところです。

サイト運用者の詳細がザックリだったのですが、ジョセフ兄弟とダニエル君がWebクリエイターたちのために創設したのが始まりだとかw

詳細はAbout Usから閲覧できます。

f:id:okinawapunk:20160601142040j:plain

f:id:okinawapunk:20160601142041j:plain

f:id:okinawapunk:20160601142042j:plain

f:id:okinawapunk:20160601142043j:plain

2.高画質でシュールな写真『GRATISOGRAPHY』

URL:GRATISOGRAPHY / 作品は著作権を放棄する「パブリックドメイン」で提供されています

無料写真素材サイト『GRATISOGRAPHY』は、米国ニューヨーク州のヨサカという都市で活動するRyan McGuireさんが運営しています。

サムネイル画像をクリックするだけで素材をダウンロードできるのが良いです。

彼は「Art that makes you smile.(アートはあなたを笑顔にする)」というモットーで掲載する写真の撮影・加工を行っており、けっこうシュールな作品が数多く掲載されています。

f:id:okinawapunk:20160601121645j:plain

f:id:okinawapunk:20160601121646j:plain

f:id:okinawapunk:20160601121647j:plain

f:id:okinawapunk:20160601121648j:plain

もしこのサイトのヘビーユーザーになったら"Buy Me a Coffee?"をクリックして寄付しても良いですね。

3.“関連画像”の機能が便利な『picjumbo』

URL:picjumbo / 商用利用OKです。詳細は"FAQ and Terms"(英文)

ビジネス、食べ物、景色、女性などのカテゴリ分けが見やすい、高画質写真素材サイト『picjumbo』。

私はいつも上部にある検索欄(虫眼鏡のアイコンがある入力欄)に「macbook」と検索して、アイキャッチ画像を探します。

あと気に入った画像をクリックした後、飛んだ先のページの下に"RELATED PICJUMBO IMAGES"という関連画像が表示されます。これが便利で探す時間の短縮につながります。感謝!

サイト運用はチェコ共和国在住の自称オンライン起業家、 Viktor Hanacek さん。

f:id:okinawapunk:20160601133731j:plain

f:id:okinawapunk:20160601133732j:plain

f:id:okinawapunk:20160601133733j:plain

f:id:okinawapunk:20160601171210j:plain

4.見たことのないクールな写真『SplitShire』

URL:SplitShire / 商用利用はOKです。詳細は「about SplitShire」に記載されています(英文)。

「高画質で、ちょっと変わった写真はないかな?」と思った時にたいてい訪れるのがこの『SplitShire』です。

他のブログで利用されていないのか、見たことないクールな高画質写真を発見します。意外な出会いがあるかもしれません。

サイト運用者はイタリア在住の Daniel Nanescu さん。あまりの人気に Huffington Postや CNN でも利用されたとか。

f:id:okinawapunk:20160601171620j:plain

f:id:okinawapunk:20160601171621j:plain

f:id:okinawapunk:20160601171619j:plain

f:id:okinawapunk:20160601133734j:plain

5.うっとり見とれる写真素材『Unsplash』

URL:Unsplash / 作品は著作権を放棄する「パブリックドメイン」で提供されています

写真がうっとりするぐらい美しく、キレイなので個人的にかなり重宝している『Unsplash』。すでに活用している方も多いのではないでしょうか。

検索入力欄から検索できるのが便利。画像をダウンロードする時は、サムネイル画像上にある矢印「↓」をクリックしましょう。

サイト運用は、カナダのモントリオールを拠点とする会社"Crew"が手がけています。

今では世界のデザイナー&エンジニアが集ってビジネスを展開しているようです。

f:id:okinawapunk:20160601131326j:plain

f:id:okinawapunk:20160601131327j:plain

f:id:okinawapunk:20160601131328j:plain

f:id:okinawapunk:20160601131329j:plain

あとがき

こういう情報って共有していくことが大事な気がして、思わず出し惜しみせずに日頃から利用している写真素材サイトをご紹介しました。

一番何が凄いかって、これだけの質の高い写真素材を無料で公開して、さらに著作権なしで、商用利用もOKだよ!と提供している写真家たちです。

炎上商法で迷惑行為を続ける人たちに、爪の垢を煎じて飲ませたいね。