読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

Duplicatorで現行WordPressサイトのバックアップを取る方法

WordPressのお引っ越しで非常に面倒で厄介なのが、データベースに関わる部分の移行作業です。

でも「Duplicator」というプラグインを使うと、その問題点も難なくクリアして、初めての方でも安心して、簡単に移行作業ができます。

ここでは Duplicator を使って、WordPressのお引っ越しの最初のステップとなる「現行サイトのバックアップデータをとる」ことを解説していきます。

f:id:okinawapunk:20160524160319j:plain

注1:WordPressに慣れていない方へ
前もって「Duplicator」プラグインをインストールする必要があります。もしWordPressに不慣れな方は先に「WordPressのプラグインを新たにインストールする方法」をご覧ください。
注2:環境は、ロリポップ!サーバー
Duplicatorを使ってロリポップ!サーバーからエックスサーバーの移行を検証しました。そのため、ここで解説しているサーバー環境はロリポップ!サーバーとなります。

事前に Duplicator プラグインをインストールします。

そして管理画面の左メニューの「Duplicator」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524153321p:plain

するとDuplicator画面が表示されるので、右上の「Create New(新しく設定する)」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160524153322p:plain

最初に下図の設定画面が表示されます。「Next」ボタンをクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160524153323p:plain

Storage(サーバー設定)、Archive(バックアップデータ)、Installer(データベース接続等の設定)など上級者向けの設定内容となっている。

特にここは設定せずとも引っ越しはできるのでスキップします。

すると次のように引っ越しのためのバックアップデータを検査・作成してくれます。

f:id:okinawapunk:20160524153324p:plain

「Server - WordPress」の警告文を確認してみましょう。

f:id:okinawapunk:20160524153325p:plain

「キャッシュファイルがあるけど、これも引っ越し荷物に含めますか?」と親切にアドバイスしてくれています。

キャッシュファイルは一時的な保存ファイルなので、ゴミ同然です。不要なファイルはFTPソフトでアクセスして削除しましょう。

続いて「Archive - Large Files」の警告文を確認します。

f:id:okinawapunk:20160524153326p:plain

これは「BackWPup」というプラグインで自動定期的にバックアップをとったデータが一覧に掲載されています。

最新のバックアップデータだけあれば問題ないので、削除しても良いでしょう。

警告文が解決した、または特にそのままでも問題ないなら「A warning status was detected, are you sure you want to continue?(そのまま次に進めますか?)」にチェックを入れて、「Build(バックアップを作る)」ボタンをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524153327p:plain

すると下図が表示されてバックアップデータを作成します。

f:id:okinawapunk:20160524153328p:plain

次の「Package Completed(データ作成が完了しました)」と表示されたらOKです。

f:id:okinawapunk:20160524153329p:plain

それぞれのボタンをクリックして、デスクトップなどの分かりやすい場所に保存しましょう。

  • Installer(起動用ファイル):新しいサーバーでお引っ越しできるようにDuplicatorのスタート画面を起動するファイルです
  • Archive(バックアップデータ):現行サイトの全バックアップデータです。

2つのファイルともしっかりダウンロードしてください。

f:id:okinawapunk:20160524153330p:plain

次はバックアップしたデータを新しいサーバーに復元します。その方法は次の記事をご覧ください。