読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

ロリポップが さくらのレンタルサーバを超えた2つの理由|比較結果

「さくらのレンタルサーバとロリポップ!サーバーには、それぞれ月額500円のプランがあるけど何を比較すべき?」

私の場合、将来的にWordPressで数十万PV以上のアクセス数を集める前提で、特に次の2つの点を比較します。

  • レンタルサーバーの処理速度
  • 記事作成に注力できる環境

「レンタルサーバーの処理速度」とは、具体的に①サイトの表示速度が速い、②同時アクセスにも強いの2点が挙げられます。

次の「記事作成に注力できる環境」とは、初心者の方でもサーバーをスムーズに操作・管理できることです。

ここではこの2つの点に注力し、サーバーを比較していきます。

また、厳密な各レンタルサーバーの料金は、下表の通りです(料金は1年契約時の場合)。

レンタルサーバー プラン 1年契約時の料金 初期費用 月額費用
さくらのレンタルサーバ スタンダード ¥6,177 ¥1,029 ¥429
ロリポップ!レンタルサーバー スタンダード ¥8,100 ¥1,620 ¥540

 
さて、早速ですが2つのレンタルサーバーの処理速度を検証したテストの結果をご紹介しましょう。

f:id:okinawapunk:20160503201138j:plain

1.レンタルサーバーの処理速度の比較結果

「JMeter」という検証ツールを活用し、負荷テストを行いました。

方法は「同時アクセス数」を 1人→2人→4人→8人 と倍々に増やしていき、その時の処理速度と処理対応数を計測します。

特に8人同時アクセス時の数値の方が、測定結果として顕著に現れるため、最初にその部分だけご覧ください。

テスト結果:平均応答時間の比較

同時アクセス数 8
リクエスト数合計 800
平均応答時間(ミリ秒) さくらサーバー(スタンダード) 1588
ロリポップ!サーバー(スタンダード) 309

テスト結果:リクエスト処理数の比較

同時アクセス数 8
リクエスト数合計 800
1秒間のリクエスト処理数 さくらサーバー(スタンダード) 4.8
ロリポップ!サーバー(スタンダード) 20.5

 
リクエスト数とは、一般的にサーバー上にあるデータファイル(画像やHTML、CSSなど)の総数を指します。

今回は、検証ツールソフトがサーバーにアクセスして、意図的に要求するファイル数のこととご理解ください。

結果、ロリポップ!サーバーの平均応答時間の方が さくらサーバーよりおよそ 1/5以下のスピード処理で速いことが分かります。

またロリポップ!サーバーのリクエスト処理数は、さくらサーバーの4倍以上となりました。

この結果からロリポップ!サーバーの方が処理速度が速く、同時アクセスに強いことがわかります。

※補足:検証テストを行った環境について
各サーバーに WordPress をインストールし、サイト環境は次の通り構築しました。
  • WordPress 4.5.2(テーマ:Twenty Sixteen)
  • 投稿ページに記事を公開(2,000文字程×5記事、アイキャッチ有、記事中に画像挿入なし)
  • 基本的にWordPressの「設定」項目はデフォルト(そのまま)
  • 同じインターネット環境(Wi-Fi)
  • 時間帯は混雑が予想されるランチ時間を外した
そして用意した1つの記事を対象に負荷テストを行いました。

同時アクセス数を増やした時の詳細結果は、次の表から確認できます。

テスト結果 詳細:さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

同時アクセス数 リクエスト数 リクエスト合計 平均応答時間
(ミリ秒)
1秒間のリクエスト
処理数
1 100 100 673 1.5
2 100 200 674 2.9
4 100 400 870 4.4
8 100 800 1588 4.8

テスト結果 詳細:ロリポップ!レンタルサーバー(スタンダード)

同時アクセス数 リクエスト数 リクエスト合計 平均応答時間
(ミリ秒)
1秒間のリクエスト
処理数
1 100 100 377 2.6
2 100 200 363 5.3
4 100 400 329 10.9
8 100 800 309 20.5

2.記事作成に注力できる環境の比較

結論を先に申し上げますと、ロリポップ!レンタルサーバーの方が使いやすいです。

2−1.WordPressのインストールが簡単

今では初めての方が操作しやすいように、どのレンタルサーバーもWordPressが簡単にインストールできる機能があります。

ロリポップ!サーバーも例外なくできますが、実はさくらのレンタルサーバだけ勝手が違います。

さくらの場合、インストール前に手動でデータベースというものを新規作成しなければいけません(ロリポップは不要)。

この時点で初心者の方には少し敷居を上げることになります。

※ データベースとは、WordPressの記事・コメントが格納されるシステムのこと

2−2.ドメイン直下にインストールが可能

ロリポップ!サーバーの自動WordPressを簡単にインストールできる機能では、ドメイン直下にインストールできます。

“ドメイン”とは、ホームページの住所のようなモノです。例えば「http: //●●●.net/」の「●●●.net」部分のことを指します。

でも、さくらのレンタルサーバーの簡単インストールではできません。必ず「http: //●●●.net/wp/」の赤字箇所のように、名称をつけなければなりません。

これが何を意味しているかというと、WordPressのトップページのアドレスが「http: //●●●.net/wp/」になってしまうのです。

「かっこ悪いから「wp」をなくして「http: //●●●.net/」にしたい」と初心者の方がへたにWordPressをいじってしまうと、表示画面が真っ白になる!という不具合が生じる可能性が高いです。

私の会社のクライアントさん同様の状況に陥り、ご相談を受けたことがあります(一度ではありません)。

個人的に「ロリポップが改善された」と感じた点を下記記事にまとめています。興味のある方は一読してください。

あとがき

検証する前は正直、さくらのレンタルサーバの方が上だと思っていました。今後の改善に期待したいですね。

ちなみに双方の主なサービスの違いは次の通りです。

レンタルサーバー プラン データ転送量 ディスク容量 データベース 独自ドメイン登録数
さくらのレンタルサーバ スタンダード 80GB/日 100GB 20個 20件
ロリポップ!レンタルサーバー スタンダード 100GB/日 120GB 30個 100件


この中で一番重要なのは「データ転送量」です。

実務経験で覚えたことですが、月間50万PVのクライアントサイトの1日のデータ転送量は、およそ20GBでした。そう考えると最初のウチは十分でしょう。

「ディスク容量」は、最近のレンタルサーバーはどこも十分過ぎるくらい提供しています。どんなに頑張っても上限の100GBを使用することは、ほとんどありません。

他の項目も特に考えなくて良いでしょう。特に最初のウチはWordPressサイトをまず1つ構築して、これを軌道に乗せます。最初から2つ、3つも作る必要はありません。

それ以前にレンタルサーバー1アカウントに1つのサイトが望ましいです。最初から1つのサイトを数十万PVにまで成長させることが前提だからです。

今ならロリポップ!レンタルサーバーは、10日間無料でお試しいただけます。

 

その他のレンタルサーバーの比較結果

その他のレンタルサーバーの比較検証の結果はこちらよりご確認いただけます。

また、当サイトで実際に使用し、検証テストを行った結果はこちらで解説しています。

色々とご覧いただいて、あなたにとって最高に満足できるレンタルサーバーにたどり着くことを願っています。

f:id:okinawapunk:20160524185804j:plain