読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

Macでhostsファイルを変更して本公開直前のサイト確認をする方法

サーバーのお引っ越しを考えて既存のドメインをそのまま使いたい場合、本番公開前(ネームサーバー変更前)のチェックをどうしたら良いか困りますね。

そんな時に便利なのがhostsファイルの活用です。

新しいサーバーにデータを移行後、ネームサーバーの変更をしなくても確認することができます。

ここではMac環境でのhostsファイルの変更方法を分かりやすく解説していきます。

f:id:okinawapunk:20160410141538j:plain

最初にデスクトップをクリックして、次の通り「移動」→「フォルダへ移動」の順にクリックしよう。

f:id:okinawapunk:20160524133506p:plain

下図の画面が表示されたら「/private/etc」と入力して「移動」をクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524133507p:plain

Finderが表示されるのでhostsファイルを探します。

f:id:okinawapunk:20160524133508p:plain

ただしこのままでは、ファイルにロックがかかっているため編集することができません。

そこでhostsファイルのファイルの情報を開きましょう。キーボードの「commandキー」+「i」を押すと表示されます(または「control」キー + マウスのクリック)。

情報画面を開いたら、次のように鍵アイコンをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524133509p:plain

セキュリティのためPCのログイン情報が求められるので、この情報を入力して「OK」ボタンをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524133510p:plain

「共有とアクセス権」の操作が可能になるので、「+」ボタンをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524133511p:plain

次の画面が表示されたら、PCの管理者(あなた)を選び、「選択」ボタンをクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524133512p:plain

すると下図の通り追加されます。

f:id:okinawapunk:20160524133513p:plain

ただしファイルを編集できるアクセス権ではないので、変更します。「読み出しのみ」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160524133635p:plain

次の通り「読み/書き」を選択します。

f:id:okinawapunk:20160524133636p:plain

これでhostsファイルが変更できるようになりました。

ただし、ここで注意すべき点があります。それはMacの既存アプリである「テキストエディット」では編集できないようです。

そこで事前にテキスト編集アプリをインストールしてください。私の場合、テキストエディタ「mi」で問題なくできました。

テキストエディタの用意ができたら、hostsファイルを選択します。

そして「controlキー」+「マウスのクリック」をして、下図のように「このアプリケーションで開く」→「テキスト編集アプリ(ここでは mi)」の順にクリックします。

f:id:okinawapunk:20160524133637p:plain

※hostsファイルを編集前に、必ず複製してバックアップを取っておきましょう

ファイルの一番下に「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ドメイン名」のように記述します。そしてファイルを上書き保存するだけです。

f:id:okinawapunk:20160524133638p:plain

エックスサーバーの場合、サーバーIPは管理画面から取得できます。

まずサーバーパネルにアクセスして、ログインします。そして「サーバー情報」をクリックしましょう。

f:id:okinawapunk:20160524133639p:plain

次の通り「IPアドレス」が確認できるのでコピーしましょう。

f:id:okinawapunk:20160524133640p:plain

ちゃんと表示されているか、ブラウザにドメイン名を入力して確認しましょう。

f:id:okinawapunk:20160524133641p:plain

この時、既存のサーバーを見ているのか、新しいサーバーを見ているのか区別がつきません。

そんな時のために例えば「新サーバーです」というタイトルの新規ページを用意したり、ロゴを少し変更するなど一工夫を加えると良いでしょう(ただし、本番公開前には戻しておくこと)。

また、サイトの確認が完了したらhostsファイルは必ず元に戻しておきましょう。