読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

月10万円の副収入!あやぴ氏著『アフィリエイト実践講座』をSEOの観点から見る

2015年秋に出版された『アフィリエイト実践講座』は、埼玉県在住で2児の母である凄腕アフィリエイター、あやぴさんの書いたノウハウ本です。

表紙からも分かる通り読書の対象者は完全に女性です。

ですが最近、「ブログで稼ぐ」ということを真剣に考えるようになり、様々な書籍を読むようになりました。

この書籍も色々なヒントがちりばめられています。

そこで単に感想を書くだけでは面白くないので、私が大好きなSEOの視点を盛り込んでご紹介していきます。

f:id:okinawapunk:20160627164335j:plain

1.あやぴ氏流、月10万円の稼ぎ方とは?

あやぴさんの副収入10万円を稼ぐ方法は、具体的に書かれていました。簡単にまとめると次の通りです。

  • レビュー記事を作成する
  • 記事内容:
    家庭で使用している商品、普段の飲食・飲料、洋服・美容など
参考:『アフィリエイト実践講座 ~あやぴが教えるレビューブログで目指せ! 月10万円の副収入』

この「レビュー記事の作成」が大きなポイントなのですが、こちらは後述します。

次に明確な目標値が掲げられていたので、こちらもご紹介します。

  • 目標記事数:3ヶ月100記事 → 12ヶ月300記事
  • 1記事1000文字以上(最低でも700文字)
  • 1日500PV(=月1.5万PV)を目標:達成すると商品が売れてくる

「3ヶ月100記事」とは3ヶ月間、毎日記事を書き続けること。これは「本気で副収入10万円稼ぐ!」という高いモチベーションがないと相当難しいですね。

さらに記事ネタは家庭の身近なモノを扱って、それに対するレビュー記事を1000文字以上でひたすら書き続けます。

おそらくですが、それだけ本気度がないとレビュー記事で稼ぐことは難しいこと。身の回りの商品をネタにすることで自分が得意とする分野を発見すること(独自性の探索&ニッチの発見)。

また、記事を書き続けることで三日坊主を防ぐ意図があるのだと理解しました。

とても素晴らしい方法だと思いました。初めてブログで稼ぎたい方でも上手くできるのでは、とイメージできました。

Googleは良質な記事を上位に表示させたい

ただ、ここでSEOの観点から見て、少しだけ考え方がずれているとも感じました。

文字数が多ければGoogleは評価するのではなく、「良質な記事」が評価されます。

良質な記事とは、読者の悩み・課題が100%解決できる情報が網羅され、さらに付加価値要素まで提供できている記事のことです。

検索ユーザーにとって本当に価値のある記事が検索結果の上位に表示されるべき、というのがGoogleの基本的な考え方です。

ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

引用元:Googleウェブマスター向け公式ブログ「良質なサイトをより高く評価するために

あるキーワードで検索してきたユーザーが問題を解決するのに必要な情報は1000文字かもしれませんし、5000文字かもしれません。もしかすると、1万文字かもしれません。

SEO対策で最も重要なことは、常に検索ユーザーの満足度を考慮して記事を作成することです。

あまり文字数にこだわり過ぎず、どこまで情報があると検索ユーザーの抱える問題が解決するか?を基準とすると、記事作成も自然と進むかと思います。

※ただし、あやぴさんは「初めてブログを書くという練習用」に1000文字という基準を設けたと理解しています。これは仕事をしながら空いた時間で毎日作成できる現実的な範囲だからです。

f:id:okinawapunk:20160627170419j:plain

2.レビュー記事の本当の狙いは顕在層

この書籍の最も重要なポイントは「レビュー記事を書く」という点です。

ある商品の購入に悩んでいる方は、次の2種類のタイプに大別できます。

  • 必要性は感じているが「欲しい」までいかない → お悩み客
  • すごく欲しいけど、すぐ購入する必要性がない → そのうち客

いわゆるニーズとウォンツの関係図ですね。

f:id:okinawapunk:20160627110349p:plain

Web業界に携わる方の多くは、顕在層(今すぐ客、お悩み客、そのうち客)と潜在層(まだまだ客)の関係性を理解しています。

今回のレビュー記事の場合、ターゲットは完全に「お悩み客」と「そのうち客」に絞られます。

例えば「英語を上達したい!」というケースで英語教材の購入に迷っている人はこのような感じでしょうか。

  • お悩み客:必要だけど購入で留まる。理由は価格が高額・競合商品など
  • そのうち客:欲しいけど必要まで達していない。無料サンプルなど効果的

この時、実際に購入して使用された内容をまとめたレビュー記事があると、検索ユーザーにとって価値の高い参考情報となります。

共感してメリットやデメリットがユーザーにしっかり伝われば、このレビュー記事経由で商品を購入する、または無料サンプルを取得するでしょう。

あやぴさんの素晴らしい点は、Web初心者の女性がどのようにブログを始めると報酬が得られるか。この点を記事を書き続けるモチベーションも考慮して体系立てたことです。

月のアクセス数が検索サイト経由のみで1万以上超えるのは大変かもしれませんが、おそらく効率よく報酬を上げることは可能だと感じました。

3.人気商品を独立させて特化型ブログにする謎

この書籍を読んでいて、一つ私が最大の疑問が浮かんだ点がありました。

それは、レビュー記事をどんどん書き続けて貯まってくると、1つのカテゴリーとして立派に紹介できる程のものが出来上がる。これを別サイトとして独立させる、という点でした。

そのように人気のある記事や数が多くなった記事は、別のブログにスピンアウトさせて新しいブログを作ってみることをおすすめします。

参考:『アフィリエイト実践講座』P180「人気の商品を独立させてテーマ特化ブログを作ろう」

あやぴさんは初心者の方向けに親切に説明されていて、最初は無料ブログを使用して挑戦してみる。

そのうち、アクセス数が多く、売上げが上がってきた記事を独立させる、という考え方を述べていました。

しかし、せっかく育て上げた記事を独立させると、じつは次の大きなデメリットが待ち受けています。

  • 被リンクの喪失
  • 記事ごとのソーシャルメディア情報の喪失

被リンクとは、分かりやすくと例えると、あなたの記事を読んだファンが、自分のブログにあなたの記事リンクを貼り付ける=紹介する行為です。

被リンクは、Google対策として重要な要素の1つで、ここでの特化型ブログを作ると今まで積み上げてきた被リンクは0(ゼロ)になります。

でも被リンクを新しいURLに引き継がせる方法はあります。それは「301リダイレクト」を使います。あやぴさんは、これを使用しているのでしょうか?

また、ソーシャルメディア情報の喪失とは、例えば記事ごとにFacebookや はてなブックマークなどのソーシャルボタンがあります。

読者が記事を気に入ったら「いいね!」などが押されて、カウントがどんどんされていきます。

そのカウント値が別のドメインに独立させるとリセットされるのです。ゼロになります。

ただこれを機に、私も考えたのですが、そもそも記事のソーシャルボタンのカウント値って必要なのでしょうか?

サイト管理者が記事の人気度チェックに見る分には良いのですが、果たして読者に必要なのでしょうか?

と考えた時、ソーシャルメディア情報の喪失は特に問題ないかな、と事故解決してしまいました。

f:id:okinawapunk:20160407224426j:plain

 あとがき

アフィリエイト広告は、Facebookなどソーシャルメディアからの一時的なアクセスより、GoogleやYahoo!などの検索サイトからのアクセスの方が売れるのは明確です。

それは毎月サラリーマンの手取3倍以上を稼ぐ知人の言葉や、実際に私が試験的に作ったブログサイトでの売上げを確認すると分かります。

するとアフィリエイト広告でしっかり稼ぐなら自然とSEO対策に行き着きます。

そしてSEO対策の本質は「検索ユーザーが満足する良質な記事を作成・構築すること」だということを理解してください。

ということは、記事をしっかり書いていれば自ずと売上げも上がる、ということになります。

あと最近読んでいるアフィリエイト本に「3ヶ月100記事」という基準を設けているのをよく目にします。

私は「6ヶ月100記事、1記事4〜8時間」という“じっくり派”です。

詳しく知りたい方は「プロブロガーじゃない私が明かす3つのコツ」をお読みください。