読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖メシ

サーバー素人がレンタルサーバーの無料お試しを使った感想を記録しています

アフィリエイト初心者が知っておくべき広告3つの種類

私はアフィリエイト・サービスを3つしか使用していない初心者です。

ただ月8万円程の報酬を得るようになりました(成果の詳細は「月5万円稼ぐサイトの作り方8ステップ」で確認できます)

もっと収益を増やすため勉強すべきと考え、まずアフィリエイトにはどんな種類があるのか調べたところ、大きく分けて下記3つの種類に分けられるようです。

  • 成果報酬型
  • クリック報酬型
  • 自己アフィリエイト型

ここでは、アフィリエイト初心者の方が理解しやすいように、分かりやすく解説していきます。

f:id:okinawapunk:20160913185301j:plain

補足:当記事で紹介するアフィリエイト・サービスについて
私もアフィリエイト初心者のため、アフィリエイト・サービスに関する知見や実績が不足しております。
そのため、私がとても信頼している専業アフィリエイターの方々(タイガーさん、半兵衛さん、パシさん)のオススメ情報を参考にしていますこと、ご了承ください。

1.成果報酬型

アフィリエイトにおける成果報酬型とは、ある商品やサービスが売れた際、これを成果として広告主から報酬をいただくモデルのこと。

例えば あなたのブログに貼ったアフィリエイト広告経由で売上げが発生した場合、あなたは報酬を得ることができます。

この成果報酬型は主に次の3つに分類できます。

  • 物販・サービス
    A8.net、バリューコマース、アクセストレードなど
  • 物販のみ
    楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイト
  • 情報商材系
    インフォトップ、インフォカート

“物販”とは、形ある商品や製品のことです。この物販を主に扱っているのが楽天やAmazonですね。

それでは初心者の方が特に最初、お世話になるであろう「物販・サービス」と「物販のみ」について解説していきます。

※ ここではアフィリエイト初心者向けに解説してます。「情報商材系」は、高額な商品を実際に自分で購入して使ってみないと商品紹介ができないため、解説は省略いたします。

1−1.物販・サービス

最初に物販・サービス系のアフィリエイト・サービスについてご紹介します。

成果を出されている専業アフィリエイターの皆さんが口を揃えてお勧めするアフィリエイトサービスは主に次の5社でした。

No. アフィリエイトサービス名 設立 上場市場 広告掲載サイト数 補足
1 A8.net 1999年 東証1部 200万以上 審査に通り安い傾向
2 バリューコマース 1999年 東証1部 100万以上 大手広告主が多い
3 アクセストレード 1999年 東証マザーズ 42万以上 報酬が上がるランクアップ制度
4 JANet 2001年 東証マザーズ ? 金融系が強い
5 アフィリエイトB 2010年 - 50万以上 月末締め・翌月払い

先に結論を申しますと、アフィリエイト初心者の方が登録すべきアフィリエイト・サービスは「A8.net(エーハチネット)」が良いでしょう。

理由は、他サービスより圧倒的に広告数が多く、すぐに提携してくれる広告主もあるなど、初心者でもアフィリエイト広告が始めやすいからです。

そして実力が付いてきたら他サービスを利用するのが良いようです。

報酬や振り込み日について

あとアフィリエイトの報酬額や報酬率は商品やサービスによって異なります。

一番ベストなのは、あなたの興味あるジャンルを掘り下げて、掘り下げて決定し、そのあとに提携する広告主を探すのが良いのではないでしょうか。

また上表を見ますと、どこも15年以上の実績、上場企業で広告を掲載しているサイト数もどこも多く抱えて、素晴らしいサービスを提供しています。

各サービスの報酬が振り込まれる日程を下表にまとめましたので、合わせてご確認ください。

No. アフィリエイトサービス名 振込日 振り込み条件 振り込み手数料
1 A8.net 報酬が確定した翌々月15日 ※1 報酬が5,000円または1,000円以上 ※詳細は下表「A8.net 振込手数料」
2 バリューコマース 注文データが承認された月の翌々月15日 ※1 報酬が1,000円超 無料
3 アクセストレード 翌々月15日 ※1 報酬が税込1,000円超 無料
4 JANet 翌々月の15日 ※1 報酬が1,000円超 無料
5 アフィリエイトB 翌月末日 ※1 報酬が777円超 無料

※注1. 報酬の振り込み日が金融機関の休日にあたる場合、翌営業日となります。

残念ながら、A8.net だけ振込手数料があなたの負担となります。ただし、ゆうちょ銀行をお持ちでしたら「手数料30円」と格安に抑えることができます。

▼A8.net 振込手数料(広告掲載者が報酬を受け取る際、負担する金額)

No. 銀行名 支店名 条件 振込手数料
1 ゆうちょ銀行 - - 30円
2 三井住友銀行 渋谷駅前支店 3万円未満 108円
3 三井住友銀行 渋谷駅前支店 3万円以上 216円
4 三井住友銀行 渋谷駅前支店以外 3万円未満 216円
5 三井住友銀行 渋谷駅前支店以外 3万円以上 432円
6 三井住友銀行以外 - 3万円未満 540円
7 三井住友銀行以外 - 3万円以上 756円

さらに詳しい報酬内容については「7社で比較!アフィリエイトの成果発生から報酬を得るまでの5つの基本」をお読みください。

新興サービス『アフィリエイトB』の魅力

先ほど、どこも15年以上の実績、上場企業であると紹介しましたが、1社だけ後発組にもかかわらず実績あるアフィリエイターの皆さんから絶大な支持を得ているサービスがあります。

それが『アフィリエイトB』です。

一般的に成約報酬が確定して、約2ヶ月程で現金を手にすることができます。

しかし『アフィリエイトB』の場合、「補足」にも記載した通り「月末締め・翌月払い」なので、約1ヶ月後には現金があなたの指定銀行口座に振り込まれます。

f:id:okinawapunk:20160617123637j:plain

1−2.物販のみ

物販のみ、つまり形ある商品だけを取り扱うアフィリエイト・サービスを提供するのが、巨大ショッピングサイトの『楽天市場』と『Amazon』です(楽天市場は正確には“ショッピング・モール”ですね)

どちらのサービスも報酬率は商品によって異なりますが、楽天アフィリエイトは1%が基準で少なめなイメージですが、報酬率が上がる仕組みもあるようです(詳しくは「成果報酬・料率ランク」)

一方、Amazonアソシエイトは当然商品より異なるのですが、私の経験上、全体的に5%前後の報酬率はあるように実感しています(報酬率の詳細は「紹介料(成果報酬)について」)

また1商品ごとの報酬額の上限額は1000円です。

このアフィリエイト・サービスはそれぞれ次の特徴を持っています。

No. アフィリエイトサービス 有効期間 補足情報
1 楽天アフィリエイト 30日間 成果報酬は楽天ポイントのみ ※1
2 Amazonアソシエイト 24時間以内 1商品の紹介料(報酬)は上限1000円

※1.楽天アフィリエイトの場合、基本的に現金ではなく楽天独自のポイントが獲得できます。ただしオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を利用して結果的に換金も可能だとか。詳しくは「成果報酬を現金で受け取ることはできますか?」をご覧ください。

「有効期間」とは、インターネット利用者があなたのブログ上の広告をクリックし、そこから購入に至るまでの期間を指します。

つまり楽天アフィリエイトは広告クリック〜購入までの猶予が30日もあるのに対し、Amazonアソシエイトはたった24時間しかありません。

私の経験上、だからといって楽天アフィリエイト広告だけを掲載するより、両方掲載した方が成約への確率を上げます。

理由はどちらかのサービスをひいきにしている利用者のために、2つ用意してあげると良いからです。

ちなみにブログに簡単に楽天とAmazon両方のアフィリエイト広告を掲載できる無料支援ツール『カエレバ』があります。

今すぐは必要ないかもしれませんが、頭の隅にでも「こういう便利ツールがあったな」と覚えておくと良いですよ。

補足:各有効期間の根拠について
楽天アフィリエイトの有効期間は公式ページ「楽天アフィリエイトリンクの有効期間はありますか?」より確認できます(詳細ページでは「PCの場合」と表記がありますが、スマートフォンも含めます)。
またAmazonアソシエイトの有効期間の詳細は「ビジターがいつまでにショッピングカートに商品を追加すれば、紹介料が支払われますか?」に記載があります。

また報酬が確定して現金を手にするまでの日程を下表にまとめました。

No. アフィリエイトサービス 振込日 振り込み条件 振り込み手数料
1 楽天アフィリエイト 成果が発生した翌々月10日 - -
2 Amazonアソシエイト 各月末より約60日後 5,000円を超える金額(ギフト券は500円超) 一律300円

どちらも2ヶ月ほどかかります。

またAmazonアソシエイトの報酬額を現金で受け取る場合、振込手数料が一律300円で発生します。

f:id:okinawapunk:20160913185426j:plain

2.クリック報酬型

クリック報酬型とは、インターネット利用者があなたのブログサイト上にある広告をクリックするだけで、あなたに報酬が発生するモデルのこと。

クリック報酬型の一番のメリットは、アクセス数を集めれば集めるほど報酬得が得られる傾向にあるため、初心者の方でもすぐに収益を上げられることです。

ただし報酬益は、成果報酬型と比較すると圧倒的に安いです。

最も利用されているクリック報酬型サービス『Google AdSense』

中でも最も有名なサービスで、圧倒的に利用されているのが『Google AdSense(グーグル・アドセンス)』ではないでしょうか。

ちなみに私の場合、当サイトは別にブログサイトを運営していますがブログ開始2ヶ月目からアドセンスの広告を貼り付けました。

収益は初月300円、2ヶ月目900円、3ヶ月目5000円とアクセス数がふえるごとに徐々に報酬が増えていきました。

ただ広告掲載の規定が非常に厳しいのでも有名です。例えば、

  • 自分でクリックする、また他人にクリックの依頼をするのはNG
  • 記事内に広告を貼る時は「広告」「スポンサードリンク」の表記なしはNG
  • 違法アップロードされているYoutube動画の掲載はNG
  • コンテンツを含まないページ(ログインページ、エラーページなど)への掲載はNG
  • ギャンブル、アダルト関連のサイトはNG

など全てNGで、突然アカウント停止を食らってしまうこともよくあるようです。

アドセンス広告の禁止事項については『ぼくらの勉強』さんの「Google AdSenseの違反事項を全部一覧にしました」に詳しく書かれていますので、必ず目を通しておきましょう。

広告数の上限撤廃

以前まではGoogleアドセンスの広告数は原則、1ページに3つまでと制限があったのですが、2016年8月中旬頃からその上限が撤廃されたようです。

アドセンス公式サイトにある「広告の配置に関するポリシー - 価値の高い広告枠」に詳しく書かれているのですが、直訳英語なのでよく分からないかと思います。

『うぇぶあしび』さんの記事「Googleアドセンスが広告設置数の上限撤廃!いくつでも設置できるの?」が分かりやすいです。

私の場合、読者のことを考えて1ページ内に2〜3つくらいにしています。

一番大事なことは読者に記事を読んでもらい、満足してもらうこと。そのご褒美として報酬がいただければラッキーですよね。

迷ったら「User's First(インターネット利用者第一!)」の考えを持つと良いでしょう。

これはGoogleの経営理念で語られている「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」にも通じることなので、問題ないでしょう(だいぶ、ざっくりですが笑)。

f:id:okinawapunk:20160627170419j:plain

3.自己アフィリエイト型

自己アフィリエイト型とは、先にご紹介した「成果報酬型」のアフィリエイト広告を自分でクリックして、その商品やサービスを購入する方法です。

「自演ではないのか?」と思われますが、実はOKなのです。

もちろん広告主である企業側が、自己アフィリエイトを許可している商品やサービスだけとなります。

アフィリエイト・サービス『A8.net』の場合、「セルフバック」という呼び名で受け入れており、自己アフィリエイト専用のページも用意しています。

また各サービスでは次のような呼称で提供しています。

実際に商品やサービスを購入して、レビュー記事を書く場合、自己負担する必要がないのでうまく利用すると良いでしょうね。